忍者ブログ
カメラとか気になった事など
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8
Posted by - 2017.07.28,Fri
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by No Name Ninja - 2016.05.04,Wed
安曇野の穂高神社横にあるセレクトショップ
「安曇野雑貨店」さんが世田谷にある馬事公苑で行われる
ホースショーに出店するということで
顔出しついでで行く事にした。
(5月3~5日の3日間開催)

(たぶん漫画の影響では無い)

ホースショーと聞くとなんかサーカス的なイメージに
感じるが中身は障害馬術大会と言う硬い?イベントである

仲間内にも声をかけ私は相棒Iと車で向かう事に

朝一番にカメラの設定を細かくセットアップして
相棒の車を待つが
出掛けにドタバタしたためカメラを
忘れて出発(汗

なので今回スマホのみで撮影

連休後半戦の中央道下りの渋滞は
高井戸ICまで続いている
横目に見て40分ほどで到着


初めて馬事公苑に
年内で閉館してオリンピックにむけて改修工事に入るそうだ。 

初めての障害馬術観戦でしたが
アナウンスがとても良くルール説明や出場人馬の説明(前回の記録とか)あり
すぐに楽しめた。
朝一の第1競技を見て次の競技までの間で
出店を見て回る
安曇野雑貨店さんに挨拶に


差し入れに一真庵の和菓子 もって行ったら
お返しに穂高神社遷宮の和菓子をいただきました(w


挨拶と昼の屋台めぐりの下見を終え
競技場へもどる
競技と競技の間には競走馬と触れ合うコーナーとか
 

オリンピックの馬術競技の種目の一つ
馬場馬術の披露とか

(馬術のフィギュアスケートとか言われてるらしいが、この競技は観る側にスキルがいるな~)

肝心の障害飛越競技はと言いますと
カメラを家に忘れた事を悔やむぐらい面白かったです


報道以外に大砲の様な大口径望遠をつけたカメラマンさんの
主な被写体は



若い女性の時は物凄い勢いで連写していましたねw


観覧席から競技者との距離が近く
スマホで撮影でもこのサイズで撮影できました

なかなかの迫力でありました。

これで入場無料なのですから
チャンスがあれば行かない手は無いですねw
PR
Posted by No Name Ninja - 2016.04.25,Mon

T1さんの「素敵な世界」を観て来ました。
前のブログに書いたように
今回出演の田中氏にメールにて
お誘いいただいた舞台である。

程なくしてT1projectさんからDMも届く
総勢31人出演・・・
前世と現世との話らしい
そこでチョイと嫌な予感が
2時間の舞台で30人も出ると
観る側は、キャラクターに感情しずらい事が多いからだ。

期待と不安を持ちながら千秋楽の回を観に
中野ザ ポケットへ

当日朝、田中氏からメールにて 入場から公演開始前に
15分ほどのイントロダクション的な芝居があると連絡があり
受付開始5分前に会場へ到着。

前席指定であったが席番ダブりとか
会場がほぼ埋まるまでドタバタしていた。

イントロダクションの芝居は入場とかでバタバタしていたが
芝居自体は良い導入だと思った。
(私はかなり好きなタイプの導入芝居である)

本編のストーリーはネタバレ回避で
前世で出会った人たちが、現世でも出会い
いろんなエピソードが展開する。

実は今作品 ショートストーリーの「中田ステーション」と
ストーリーが似ているのである
前世、現世ではないがね

感想で書いたが田中ステーションは
ストーリ&役者は良かったが 演出が残念だった。

しかし今回の「素敵な世界」演出はとても良かった。
30人の出演者が、絡む話なのに
もっと少ない人数で演じているような感覚なのに
舞台上には10数人以上出ていて迫力があると言う感じである。
(詳しく書くとネタバレになるからね)

おかげでストーリー&役者(キャラ)に感情移入がしやすく
不覚にもホロリとしてしまった(汗

役者陣もストーリー&演出に答えたと思う
ベテランと新人とかかみ合い気持ちよかった。

主演の1人 「田中氏」
T1では まじめ系の役が多いが私が見させていただいた中でも
今回の役ははまり役であった。
まぁ、はまり役と思わせるぐらい田中氏が良かったのですがねw
そろそろTVやスクリーン画面でも観たいと思う役者さんである。

ショートストーリーでも書いたが
「五十嵐氏」いや~私はこう言う役者さん大好きですw
岡部明美さんとの掛け合いも含め
五十嵐氏のおかげで芝居の起伏が大きくなり
2時間が短く感じられた。

ベテランを褒めてもまぁ なんですし話変えて
今回の公演はT1さんの新人育成の18ヶ月プロジェクトの卒業公演?らしく
13人が出演、気になった役者さんなど何人かいた。

河野健二さん
前回より今回とさらに力を付けているのが素人の私でも
判るぐらいパワーアップである
主演の田中氏との絡みで田中氏に圧力負けしていないのは
立派である。
今後の伸びがさらに期待できる役者であろう
彼の次回出演、ダイニングトーク、私の予定が立たないので
観に行けないのが残念と思うぐらいの演技でした

石井絵理奈さん
彼女は前回にも書いたが私的に注目してる女優さん
今回は無難?な役であった。
もっと前に出る役についてくると
彼女ならではの魅力が出てくると思うのだが。
HP等の写真を撮りなおした方がいいと思う
実際に見るともっと可愛い人ですw

中野歩さん
彼女も前回のショートストーリーで書いた
女子高生役で注目したいと書いた役者さん
今回も良かった、彼女はすでに自分の空気感(歩ワールド?)を持っている
明るくヒマワリの様な空気感があり舞台に出てくるだけで明るくなる
観手側がニコニコしたくなる
ある意味T1のざしきわらしか?
観たら幸せになる?w

と以前からの注目していた役者さん&河野健二さんが
様注目役者さんに入ったので
T1さんの舞台を観に行く時が楽しみである

 

Posted by No Name Ninja - 2016.03.27,Sun

昨年は、観劇の1年であった。
オムニバス形式の話数も含めてだが
月に2本以上、観ている

ブログ等に書いていないのも含めてであるが。
普段は年に1~2回ほどの観劇だから
物凄い数を観ている事となる

と言うのも
数年前に私の被写体になって下さった
役者さんたちに、お礼の意味も含めて
各々の舞台を観させて頂くと言うことをしたためであるが
(それ以外の舞台も観ていたが)
1年ほどの短期間で数を観続けると思う事も
頭に沸いたりする・・・

お礼的に観る人も一巡した感もあり。
ある意味、観劇のスパンを年数本に落とす意味も含め
私が思う役者を語ってみたい

オイオイ、写真家が役者論かよと
思いでしょうが、演劇論でも無く
芝居論でも無く
役者論であります

しかも観る側からの話である。
そこの所をご了承願いたい。

今回、書こうと思ったのは
T1projectの「田中 克宏」さんの舞台を
数回観たときに思ったのだ。

最初に思ったワードは、「身内以外のお客を掴んでいる」
役者が少ないな~と思った。
その時点ではそう思っただけだった。

T1さんの看板役者である田中氏は
他の役者さんを観に行っても
出演されている事が多く(当たり前か?)

とある舞台終了後 私との挨拶程度の会話で
「また、舞台出る時はメールでもいいから教えてくださいね~」と言ったのですが
その後、田中氏は毎回丁寧なメールを送ってきてくれます。

最近は、ブログやフェイスブックなど簡単に情報発信できますが
やはり、不特定多数に向けた発信より個別に発信の方が
良いと私は思います
(合わせて使うのがよいのかな)
メールとかメッセンジャー的な物でしたら
お金もかかりませんしね~

本当は肉筆の方がより良いのかもしれませんが

ともあれ、田中氏は毎回私にメールを下さるので
3ヶ月連続で、田中氏の舞台を観に行くという
事にもなったりしたが
少なくとも彼は観客を1人ゲットしたのだ。

当たり前だが役者は、演じたい、芝居に
出たいと言う欲は
だれも皆もっていると思うが

観てもらいたい見せたいと言う欲は
私が最近あった役者さん達の中で
田中氏が頭一つ抜けていると思う。
観てもらうことによって得る物が役者の世界にもあると思うのだが。
(写真の世界だと写真撮って終わりみたいなものか観て貰う事に意味がね)

とまぁ
彼は確実に固定ファンを1人増やしたわけだ
客が呼べる役者→主催者側は使いたい
役がつく、ファン増えるの
好循環に、彼は入っくるのかもしれない。

とは言えまだまだやれる事はあると思う
たとえば、アンケートで○○役の○○さんが、はまり役で
また観たいですと書いてあれば
劇団&役者は利用しない手はないと思うのだが

次回公演前に
メールか住所が判っていればDMの中に
・・・・・・・・・・・・・・
舞台○○をご覧頂ましてありがとうございました。
アンケートでお褒めいただきました
○○役を演じました、○○です
以下適当な文章
来月、私も出演いたします舞台○○が

と言う感じでメールかDMで送られてきたら
嬉しいと思いますよ
友達や身内以外に自分のファンを増やすと言う
事を劇団&役者は考える事をしたほうがいいと思う。

と、まるで私が考え出したように書いているが
有名な役者さんでさえこれに近い事を
本人やマネージャーさんがしているのだ。

昔話になるが、桃井かおりさんが
人気がでたころに
ファンレターを書いた人へ
マネジャーさんから
出演予定リストが定期的に来るようになったそうです。

もちろんその人はいまだに桃井さんの大ファンだそうです。
似たようなエピソードはまだあるが

様は、飲み屋のお姉ちゃんでも一生懸命
お客をつかもうと電話やメールをするのに
役者がそれをしないなんて
もったいないと思ったわけだ。

話が大分それた感があるが
お客に自分を観てもらうという欲が
もっと沢山思っていいと言いたかったのだ。

話は変わるが・・・
前回の田中氏が出た舞台
役者一同カーテンコールで
「ありがとうございました~」
そして皆で、一礼・・・
そのなか頭を深く下げて一礼した
田中氏・・・
頭を下げながら 聞こえないように
「ありがとうございました」と
もう一度呟いていたのを
最前列&真ん中に陣取っていた
私は見逃さなかった。

自分を観てもらった事への感謝から出たのか
それとも何か別なことなのか
私にはわからないが
少なくても2回目の感謝の言葉は
演じる者の心として
私に響いたのである。

そのようにして田中氏は一人のお客を掴んだのである
次回の彼の舞台も楽しみである。

Posted by No Name Ninja - 2016.03.13,Sun
ラッコを見に
水族館に行ってきた。

と言っても
池袋にある水族館では無く
 
三重県の鳥羽水族館にである。

家から池袋まで、片道500円ぐらいで行ける
なのに三重県である・・・
(鳥羽まで電車だと13000円ぐらいだ)

私は、魚は食べるのが専門で
魚を鑑賞をすると言う趣味は、持ってい無いのであるが
「かいじゅう」だけは好きなのである
はい、海の獣と書いて「海獣」の「かいじゅう」であります。

そんな海獣の仲間
ラッコを見に
鳥羽まで行くのはどうですかね?(w

自分でもどうだろうと思うが
今回は、理由がある
国内のラッコの展示(飼育)が
減ってきているそうなのである
と言うか世界中がだそうだ。

池袋の某水族館も最後のラッコを鳥羽水族館へ移譲し
東京都内ではラッコが0にとニュースになるぐらいだ。
(近県にはまだ展示しているところはありますが)
詳しくはググレとなるが
世界中回っても飼育されているラッコを
見ることができない日が近いということらしい・・・



(鳥羽水族館館長さんの本である)

さらに世界で3か所そのうち日本では、鳥羽水族館だけという
ジュゴン(人魚のモデルね)も飼育されている

という事で?
海獣展示が多い鳥羽へ行くことにしたのである。

前回いつ鳥羽に行ったか正確な記憶がないぐらい
久しぶりに行った鳥羽水族館
デートなるイベントで行ったのと
記念カードがラッコの親子で
記載されたコピーが

「かあさんラッコが赤ちゃんラッコ(だっこ)」だったと
しか記憶が無いくらい昔だ。

そんな久しぶりの鳥羽
9時オープンなので9時着
水族館併設駐車場1日 800円なり
入場料2500円なり
駐車料金は1日とめて 隣のミキモト真珠さんとか
駅前散策等に使えるから妥当というか
安いぐらいだ

八景島シーパラは水族館部分だけで3000円
駐車料金1200円(1日)だった。


オープン5分前に券売所に並ぶ 団体2グループ
(中国語であるw)は先に入館
窓口は券売機含めて4つ
鳥羽水族館は順路が無いので好きに回れるのが
うれしいw

館内は一部改修中でGW前に完成らしい

軽く魚を見て(おいしそうw)
最初の海獣は
「スナメリ」さん達


上の階に上がるとちょうど朝ごはんタイムでした
スナメリの餌時間は公表されていなかったので
偶然だったらしい。
カメラなれしているのか?
カメラを構えると
ポージングする子や目の前でワザと急加速する子など
遊んでくれたw

少し早いが9時40分のラッコの食事タイムを見に
池袋から2年ぶりに戻ってきたオスのラッコも
公開されていたが
まだ別々に分けられていた
翌日から一緒の水槽で公開したらしいが
ニュース映像を見ると凄い人だかりであったらしい。

ラッコといえば水面に浮かんで
お食事のイメージですが
 
やはりこんな感じでプカプカ浮いて食べていますね。

他の水族館でもそんな感じでしか見なかったラッコ
鳥羽水族館のラッコは
芸達者でしたw


(おいちゃん、今日のご飯はなにかな?)


ガラスに貼り付けたイカをジャンプして取ります
うまい位置に投げて貼り付ける飼育員さんの
技が凄いですねw


イカ足Wキャッチ


拍手~もできます。


「おいちゃんもう無いの?」
「無いよ~」

まるで人間のような仕草w
これが他の海獣とは違うラッコの魅力ですね
一緒に行ったP君は、あまりにも楽しかったのか
スマホの電池が無くなるまで撮りまくっていましたw

小1時間ほどラッコを堪能して
他の海獣も堪能

ジュゴンの前のカップル、サイズ感がわかりやすいですよねw
順路が無いので
もう一度観たい所を回れるのがありがたい。
今回はお昼ぐらいまで見て
歩いて駅前商店街?をまわり
食べることにした。
機会があればもう一度行きたいが
まぁ、厳しいであろう。
Posted by No Name Ninja - 2016.03.07,Mon

写真のような1BOXから降りる時
座面が高いので
気をつけないと色々おきますねw
ポケットのスマホ落としたり。

で本題
昨日
バイト先で駐車場掃除中
私の隣に大きめな1BOXが駐車してきた。

車から降りてきた人は

黒のハイヒール

ガーターで留めるタイプの
黒のストッキング・・・

タイトなミニスカート

はい、ここまででオチは読めると思いますが
皆さんの予想通り

Sexy Zoneが見えてしまいました。

ええ、不可抗力ですよ。

だって、女装したオッサンでしたからね・・・

セクシーゾーンの中身は
モリゾーですからね~

昼飯前にえらい物を見せられて
食欲ダウンです。

あ、モリゾーさんはw
店内に入り、鏡とかに映る
自分に酔いしれて練り歩き
その後、斜め向かいのスーパーへ
トータル1時間ほどで車に戻り
お着替え(スモークガラス)し
オジサン(30~40才?)に戻り
お帰りになりました・・・


このストレスで夕飯はどんぶり飯2杯も食べてしまいました。

まぁ、そんな性癖でも
幼女誘拐とか人様に迷惑をかけるよりましですがね

ところで、これは労災になるかな?

カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
人気商品
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]