忍者ブログ
カメラとか気になった事など
[52] [51] [50] [49] [48] [47] [46] [45] [44] [43] [42
Posted by - 2017.09.21,Thu
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by No Name Ninja - 2008.10.24,Fri
木崎湖に行ってきた・・・

ベース基地としている木崎湖キャンプ場・・・
最近は、スタッフの皆さん・・・いきなり行っても
誰も驚かないで、まるで2、3日前に会っていたかのように
「お帰りなさい」の挨拶で迎えられるw
そのおかげなのか、自分の中に木崎湖が溶け込んでいくのが
わかる。
自分の中に木崎湖が溶け込むと言えば・・・

前に木崎湖畔にある「Yショップさん」から
「何を考えながら写真を撮っているのですか?」的な質問を
いただいた。
たしか「何も考えていません」的な答えをしたと記憶している。
言葉足らずでその時は解りにくかったと思う。

今回上手く説明できるかわからないが、簡単に言うと
ある程度「無の境地」に近いかもしれない・・・
ぼ~っと歩きながら木崎湖の光や風に同調(シンクロ)してくると
なんとなく画が浮かぶ(見える)のでシャッターを切る
ただ、それだけである・・・

そう、木崎湖が自分の中に入ってくる感覚・・・

撮影時はほとんどフルオートに近い設定で撮影している
(仕事撮影はもちろん細かく設定変更したりして撮影しているが)

もちろん段階露光なんてものはほとんどしない
逆に、あれこれ考えて調整し始めると撮影時に雑念
(余計な構図を考えたりし始める)が出始めて良い写真にならない事が多い

撮影時はこんな心境?で撮影しているが
撮影後は、家で結構考えたりする
1回で300カット前後撮るがその中から
20~30カット選び出し、自分の写真に仕上げる(調整)
その時点で、数カットは300カットの中と入れ替えになる事もある
写真の並び方のリズムや雰囲気なんかを見ながら
時には数日間、寝かせてからもう一度見直しをしたり
手間隙かけて熟成させるのが私のやり方だ。

話は、戻るが木崎湖が大好きな皆さんが
まるで私が何年も木崎湖に住んでいるかのように
私に接してくださる。

そんな、木崎湖が大好きな人たちの気持ちが
木崎湖の光や風を通して私に入ってくるからなのか
良い写真が多く撮れているのかななどと
そんな事を考えながら、この間撮影した写真の整理をしている。
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
人気商品
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]