忍者ブログ
カメラとか気になった事など
[350] [349] [348] [347] [346] [345] [344] [343] [342] [341] [340
Posted by - 2017.09.21,Thu
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by No Name Ninja - 2013.06.16,Sun
かなり前になるが、細田守監督の「おおかみこどもの雨と雪」を見た
細田監督が、原作、脚本さらに小説もとマルチに頑張った
意欲作・・・

ええ、まれにみる酷さでした。

私は、開始30秒で椅子からコケ
10分もしないうちに時空間酔いに悩まされ
見ているうちに作品に怒りがこみ上げ
クライマックスに、ぽかーーーんとなり
ラストでまた椅子からずり落ちそうになる
まぁ、有る意味スバラシイ作品でした・・・

私は細田監督の作品は好きでした。
ジブリ事件後の復帰作、「おジャ魔女どれみ」なんて名作ですと言えるぐらいのファンでしたよ
なので、おおかみこども・・・
私の見方が悪いのではとしばらく悩みました。
なにか違う考え方があるのかとか考えたりでも、考えるほどに怒りが強くなり
わざわざ もう一度見直すことにしました。
結果、見落としていた酷い部分が新たに追加されただけでしたが

たとえば、時空間酔いの謎は解けたのですが怒りに変わるだけでした。

この物語は、娘の雪が、母の半生をかたる感じで進むのですが
父、母(ちち、はは)はこうでしたと言う口調で進んでいく
パパ、ママやお父さん、お母さんではなく「ちち、はは」と言う語り口である
(育ちがいい子だよね)
10代後半以降の女の人が語っていると推測しました(小学生とか父母と言わないでしょ)と言う事は
両親が知り合う所からですので 語っている十数年前の時代からスタートして「雪」の時代へと言う考え方になるが
両親が出会う場所、国立市&国分寺市なのですが平成20年代の景色(丁寧に画かれている)…
物語を語る娘が生まれていないのに平成20年代って
これが1回目見たときの時空酔いの正体
耳からの情報は少なくても十数年前の話なのに目から入る情報は今(現在)
私は頭おかしくなりそうでした。
しかし2回目見たときに謎は解けました

答えのカギは免許証(割と重要なシーンで良く出てきます)
交付平成18年とあります・・・つまり生まれる前が現在で
語っている娘の雪は平成30年代(未来)と言う事になります・・・
時空酔いのなぞは解けたが子供たちの成長は未来なんですね・・・
まぁ、こんな突拍子の無い物語の流れをわざわざ考えたのではなく
免許証はスタッフのを見て描いた、風景は製作時にロケしたのを
時代考証も無くそのまま使用
だからスタート時点が現在と言う つじつまがおかしくなり物語を語っているのが未来なんて
酷いストーリー展開になるというオチでしょね

他にも社会派気取って最近育児問題になっている事案を描いていて
物語の展開上、そんな話は無かった事にして物語を進めたり
一事が万事こんなひどい内容が盛りだくさん・・・
余計に気分が優れなくなりプチ鬱状態に

これを友人たちに話したら
「ギャグアニメじゃないよね?」なんて言われましたよ
そう友人に言われてこう思う事にした
子育て経験が無い人がろくに取材もしないで思い込みと勢いで
作ってしまったやっちゃったアニメだと。
(細田監督はこの時点で子供はいませんでした)
さぁ、この夏たぶん日テレで放送するだろうから
突っ込み満載のお笑いとして見る事とします
いゃ~たのしみだな~。

ネガ見当たらないw
ニセコの雪山でのラブ2匹w
20cmも雪がつもると胸まで埋まっているのが
解ると思います・・・
ネガどこにいったんだろ・・・
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
人気商品
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]