忍者ブログ
カメラとか気になった事など
[416] [415] [414] [413] [412] [411] [410] [409] [408] [407] [406
Posted by - 2017.07.28,Fri
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by No Name Ninja - 2016.08.22,Mon
先月に見たのですが、感想を書くか書かないか悩んでましたw
 


この舞台、長いタイトルである
「落ちこぼれアイドルだった私が社長になって1年で会社を立て直した10の方法」である
略すとしたら「落ちドル」なのか?

私はこのタイトルを見て5,6年前に流行った「もしドラ」こと
もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」を
思い出したw
 大ヒットして映画化されたので知っている人も多いと思うが
約すと
野球部のマネージャーになった女子高生が勘違いでドラッカーの
マネジメントを買ってしまい それがマネージャーの本ではなく
組織管理論の本であったが、その内容を野球部に当てはめ
ラストは大円満と言う話である(w
(物凄く要約しすぎですが)

今回の舞台タイトルにさらに近いのであれば
「ビリギャル」こと
 「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」だろうか
実話を基にした話ですが
タイトル通りの内容である・・・
(要約すらしてないが)

で、今回見た劇であるが
タイトル通りでは、無いのである(汗

地下アイドルで、成功しなかった娘?が
吸収合併される寸前の実家の会社社長になり
アイドル時代のやり方で会社を立て直しかけたが
結局会社は、吸収されてしまう・・・
でも私は次もがんばる?的な話であった。

そう、立て直して無いし、10の方法でもなかったw
作者の言いたいことは(書きたい)判るが
読み手(この場合は観手?)に期待と違う方向に持って行き
驚かせたりなどしたいと言うのも判る
しかし今回のタイトルの付け方は正直いただけない。

 劇場の場所は良かった。
と言うのは劇場が新宿であったので
観劇ついでに買い物などできたのである

1日休みを使い、交通費かけているのである
観劇代だいたい3500円ぐらいである

たとえば映画、レイトショーなら1300円である
映画2本以上の価値を観劇に見出せないと
身内以外の人が見た場合は評価が低くなるとなる
もちろんライブと言う事も入れてであるが

正直な所、今回観終わって「で、だから?」と言う感じであり
3500円の価値は無かったのだが普段行かない
新宿南側(何時もは西口派なので)で買い物とかしたので
まぁ、いいか・・・そんな舞台であった。
PR
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
人気商品
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]