忍者ブログ
カメラとか気になった事など
[412] [411] [410] [409] [408] [407] [406] [405] [404] [403] [402
Posted by - 2017.09.21,Thu
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by No Name Ninja - 2016.04.25,Mon

T1さんの「素敵な世界」を観て来ました。
前のブログに書いたように
今回出演の田中氏にメールにて
お誘いいただいた舞台である。

程なくしてT1projectさんからDMも届く
総勢31人出演・・・
前世と現世との話らしい
そこでチョイと嫌な予感が
2時間の舞台で30人も出ると
観る側は、キャラクターに感情しずらい事が多いからだ。

期待と不安を持ちながら千秋楽の回を観に
中野ザ ポケットへ

当日朝、田中氏からメールにて 入場から公演開始前に
15分ほどのイントロダクション的な芝居があると連絡があり
受付開始5分前に会場へ到着。

前席指定であったが席番ダブりとか
会場がほぼ埋まるまでドタバタしていた。

イントロダクションの芝居は入場とかでバタバタしていたが
芝居自体は良い導入だと思った。
(私はかなり好きなタイプの導入芝居である)

本編のストーリーはネタバレ回避で
前世で出会った人たちが、現世でも出会い
いろんなエピソードが展開する。

実は今作品 ショートストーリーの「中田ステーション」と
ストーリーが似ているのである
前世、現世ではないがね

感想で書いたが田中ステーションは
ストーリ&役者は良かったが 演出が残念だった。

しかし今回の「素敵な世界」演出はとても良かった。
30人の出演者が、絡む話なのに
もっと少ない人数で演じているような感覚なのに
舞台上には10数人以上出ていて迫力があると言う感じである。
(詳しく書くとネタバレになるからね)

おかげでストーリー&役者(キャラ)に感情移入がしやすく
不覚にもホロリとしてしまった(汗

役者陣もストーリー&演出に答えたと思う
ベテランと新人とかかみ合い気持ちよかった。

主演の1人 「田中氏」
T1では まじめ系の役が多いが私が見させていただいた中でも
今回の役ははまり役であった。
まぁ、はまり役と思わせるぐらい田中氏が良かったのですがねw
そろそろTVやスクリーン画面でも観たいと思う役者さんである。

ショートストーリーでも書いたが
「五十嵐氏」いや~私はこう言う役者さん大好きですw
岡部明美さんとの掛け合いも含め
五十嵐氏のおかげで芝居の起伏が大きくなり
2時間が短く感じられた。

ベテランを褒めてもまぁ なんですし話変えて
今回の公演はT1さんの新人育成の18ヶ月プロジェクトの卒業公演?らしく
13人が出演、気になった役者さんなど何人かいた。

河野健二さん
前回より今回とさらに力を付けているのが素人の私でも
判るぐらいパワーアップである
主演の田中氏との絡みで田中氏に圧力負けしていないのは
立派である。
今後の伸びがさらに期待できる役者であろう
彼の次回出演、ダイニングトーク、私の予定が立たないので
観に行けないのが残念と思うぐらいの演技でした

石井絵理奈さん
彼女は前回にも書いたが私的に注目してる女優さん
今回は無難?な役であった。
もっと前に出る役についてくると
彼女ならではの魅力が出てくると思うのだが。
HP等の写真を撮りなおした方がいいと思う
実際に見るともっと可愛い人ですw

中野歩さん
彼女も前回のショートストーリーで書いた
女子高生役で注目したいと書いた役者さん
今回も良かった、彼女はすでに自分の空気感(歩ワールド?)を持っている
明るくヒマワリの様な空気感があり舞台に出てくるだけで明るくなる
観手側がニコニコしたくなる
ある意味T1のざしきわらしか?
観たら幸せになる?w

と以前からの注目していた役者さん&河野健二さんが
様注目役者さんに入ったので
T1さんの舞台を観に行く時が楽しみである

 

PR
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
人気商品
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]