忍者ブログ
カメラとか気になった事など
[399] [398] [397] [396] [395] [394] [393] [392] [391] [390] [389
Posted by - 2017.09.21,Thu
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by No Name Ninja - 2015.10.18,Sun

1本目ああ、パセリ!から10分休憩を挟んで2本目

田中スてー・・・・(w


「中田ステーションセブン」
中田駅という事らしいが、劇中ストーリーに特に絡む
名前とかでは無かったw

さて、内容はと言いますと
高校卒業後に渡米しハリウッドスターを目指すが
夢破れた青年が地元に帰り
駅に着いたところに

昔の仲間が○○が帰ってきた!!!と
そんな感じで
次々と駅に昔の仲間が集まる
昔の仲間と話している内に主人公の心が解けていく
そんな主人公にとって必要な仲間たち

だが仲間は全員列車事故でなくなっていて
幽霊だった
その幽霊の元仲間たちに
励まされ自分を取りもどす的な
話・・・
大分はしょっていますがね(汗

そうここで1本目「パセリ」の冒頭にて
あの花ドラマ&映画ここ叫を見たから・・・に
繋がるのです。

死んだ彼女が・・・とか 死んだ彼氏が・・・とか
この手の話は映画、ドラマなどたくさんあるので
ある意味古典的な設定&ストーリーなのですが

あの花は、古典的なそれを現代の高校生を描くと言う手法で
共感し空前の大ヒットしましたが

しかし中田ステーションは、台本、演出共に
昭和50年代前半の古臭い匂いがする
眠いのですw
あ、当たり前ですが設定が50年代と言うわけではなく
むしろ設定は現代である(そこが問題であるのだが)

この手の話は見ている側を泣かせてナンボなのに
舞台にシンクロできないので
泣けないのです
かと言って
よし!俺も明日からがんばろう!!!とならないストーリー・・・
ただ、後記するが役者陣はかなり良かった。

そう考えると、いっそ設定を昭和とか大正とかにしたらと
思ってしまう
たとえば、 
主人公が学徒出陣

特攻隊として出撃したが
本人だけ生き残ってしまい
心に深い闇をもってしまったまま
地元に帰る
仲間たちのおかげで・・・以降中田ステーションの流れで
でも仲間たちは空襲で亡くなっていた
これくらいのくさい設定でどうでしょう?w
話の流れはそのままですからね・・・

まぁ、冗談みたいな話はおいておいて
(結構本気ですが)
演出を他人がやれば面白のでは?
これは真剣に思った

T1所属ではなく(主催にたてつけるわけないからね)
他所属の人の演出を観て見たいですね~
キット面白くなると思うがな~

舞台終了後 喫煙中の人たちの話を聞いていたら
ストーリーに対しては私と同じような感じの人がいて
驚いたw
アンケート書いて外に出て一息ついたところで
冷静に評価できるようになったためだろう。

さて、役者陣は良かったと書いたが
役者の熱演に釣られて 観客がもらい泣き(つられ泣き?)
する人も少しいたぐらい役者は良かった。。

ダイニングトークの回で書いた 工藤さん 
今回も良い演技でした
彼女は感情の盛り上がる上げ幅が広いのか?
感情が立ち上がりが(喜怒哀楽ね)良かったですね~
スッと切り返す感じが5月の空に舞うツバメのような感である

主演の田中さんも今回の台本&演出では、やり切ったと思うが
他の台本&演出の田中さんの舞台を何本か見ている身としては
違う演出家Verを見たいとも思う

さて、今回 田中さん&工藤さんふくめ
それ以外の役者さんたちもなかなかの演技だった

私的に収穫だったのが
佐次本さんだ、彼が出ている舞台を観るのは
たぶん2回目であるが
彼のコミカルなイジラレキャラは
独特な間の演技で笑いを取り 舞台が賑やかになる
T1所属の俳優さんの中では異色ではあるのだろうが
やはりこう言う役者が一人入ると舞台に厚みがでる。

という事で、この役者陣のままで違う所属の演出家で
もう一度観てみたいと思った訳である。

つづく

PR
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
人気商品
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]