忍者ブログ
カメラとか気になった事など
[397] [396] [395] [394] [393] [392] [391] [390] [389] [388] [387
Posted by - 2017.12.11,Mon
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by No Name Ninja - 2015.10.16,Fri

T1projectさんのショートストーリーズを見てきた
T1さん所属の新人さんの?脚本2本、主催の友澤氏の脚本を2本を
 1公演に2本 友澤氏の1本と、もう1本の組み合わせで公演
つまり4本全部観るためには2公演を見なければならないが
1日で4本観切る為に千秋楽に行った。

さて
設定は、鄙びた駅舎で繰り広げると言う設定である
あと7人だったか8人以上の登場人物
1時間の上演時間だったと聞いていた。

私なら もし書くとしたら
あ、書きませんよ撮る人ですからね 
ただ個展とかはストーリーとか流れとか考えますから

うーん どう言う感じにするか
駅・・・乗り降り、乗り換え・・色々考えていたら

2010年にやったグループ展をふと思い出した
タイトルは「三叉路」われながらカッコ良いタイトルを考えたものだw

ブログでは、三人の写真家が木崎湖で出会う
 と言う意味での三叉路

そして、三叉路と言うのは、進むには右か左を選んで進まないと
 いけない・・・
選択というのが、裏のテーマだったりする

なんて偉そうに書いている(汗
駅も降りる人、目的地に向かう人 乗り換える人
選ぶ訳だからそれを考えてみよう

という事で写真家の私が考えたネタ

廃線になった駅舎に
浮浪者達が住み着いている

彼らは浮浪者になる前は、ミシュランにのるレストランのオーナーだったり
会社の社長だったりと面白い経歴だ
しかし望み、望まない者が、1つの駅に住み暮らしている

そこへ一人の少女が舞い込む
彼女は家出をしたのだ

少女と浮浪者達の奇妙なやり取りで
家に戻る事を少女は選び
浮浪者達はある者は駅から出る事を選び
ある者はとどまる事を選ぶ・・・
・・

と、ネタ出しをかなり前にしてあり
4本の台本と自分との考え方の違いを楽しみにして
下北に向かった

以外に面白そうなネタだ、誰か使いたい人いたら連絡でw
(ほら、無断使用はもめるからねw)

当日、下北沢が似合わないと自他共に思っている
私は、1番で劇場に入った
舞台セットはすばらしく
4本の作品に期待が膨らむ・・・
・・・
・・

続く?

PR
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
人気商品
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]