忍者ブログ
カメラとか気になった事など
[400] [399] [398] [397] [396] [395] [394] [393] [392] [391] [390
Posted by - 2017.12.11,Mon
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by No Name Ninja - 2015.10.18,Sun

昼休憩を挟んで 本日2公演目

「あなたを探して」
いきなり書くが4本の作品の中で
この「あなたを探して」のストーリーが
一番良かったと思う

ダムに沈んで移転した村
その中で駅舎だけは昔の駅舎を移転したものを使用
思い出を求める者などいろいろな人が
駅に集まり
いびつながらも皆、答えを出すという話

役で、ケアマネージャーが3人 アルツハイマーになった父親(村に昔住んでいた)
など介護の話が盛り込まれているが
違和感なくむしろ作者は普段介護の仕事をしているのでは?
それくらいの感じを私は受けたぐらい
リアル感があった。

愛人と奥さんとの話もなかなか良く
ストーリーテーラー的な役柄のケアマネの2人の
掛け合いもマズマズであった

アルツハイマーの父を介護する大学生の息子
寝たきりの妻を介護している旦那とその愛人
亡くなった彼氏の面影を求めて駅に来た美少女・・・

このてんでバラバラの話を1つに纏めるのが
ケアマネの2人だが
なかなか良い役どころだ
あまりほめても知り合いではないので何も出ないだろうが
旨くまとまっていた。

惜しむところは
大内さんが演じた薄幸の美少女と恋人の話が
説明不足と言うかボリューム不足な感はあった
女子大生役の石井さんも同じくボリューム不足である
1時間の公演でやりきれないのはわかっているがね
まぁ重箱の隅をつつく様な話ではあるが

役者陣に助けられたところもあるのかもしれないが
駅舎と言う固定設定で観ている者が1時間楽しめる(考えさせられる?)
ストーリーであった。

役者陣であるが全員が一つにまとまっている感が4本中 1番あった
主演の五十嵐氏
何回か舞台を観ているが今回はまり役である
彼の独特な感じがあったからこそこの役にはまった理由の一つであろう


五十嵐氏の愛人役の新木さんも大人の女性の演技と
少女ぽさ(主人公に惚れているから)がミックスしていて良かった
(個人的にお友達になりたいですねw)

ケアマネの二人も良かった
私が見た回は怪我?のため代役さんだったが
後で言われて気がついたぐらいである
この二人が主役でスピンオフ
「ケアマネは見ていたw」なんて在ったら面白いかな
なんて思わせるぐらいの演技でした

アルツハイマーを発病した父親役の
ヲギさん・・・
彼の舞台を見るのは今回で3回目であるが
鳥肌が立つほどすばらしい演技であった
ヲギ氏の次の時代劇も見に行くのが楽しみである

父親を介護する大学生役の
古村さん・・・
初めて観させていただいた役者さん
表現に困るのだが
若いのに染みる演技であった
(演出が良かったのかもしれないが)

女子大生役の石井さん
彼女は「罪と罰」のガヤ役だったが
その舞台上で台詞が無い時間が多かったのに
何故かそこにいる感がちゃんとあり
次回名前があれば注目しようと思っていた
で、今回、舞台上での待ちでも自然にそこに
居るのである
棒立ち(最悪ね)やわざとらしい合槌をしたり
あぁぁ、と言う役者がたまに居るが
彼女はそれが無く再度注目役者リストw

さて、大収穫であったのは大内さん
私は初見となる女優さんであったが
ちょいと言い過ぎではあるが
往年の角川映画の女優さんのデビュー時の
空気感があり
立っているだけで絵になる
ヲギさん&工藤さん&田中さん以来写真を撮りたいと
思った人物である。

以上これだけの事を書ける役者陣に
支えてもらったにせよ
台本は良かったと思うが
次の台本が、同じ以上のクオリティが出せるか
またあまり期間をあけないで出せるかが
課題であろう

またまたつづく

PR
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
人気商品
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]